読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直跳の〜世界くるくるパーマ〜

24歳、天然パーマ、元気バリバリの直跳くんの世界一周ブログ

バガンの過ごし方、e-バイクは良いバイク!世界三大仏教遺跡の夕日

こんにちは!

直跳です!!

 

 

洗濯物を干せば雨、

洗濯物をしまえば晴れ。

 

という毎日を迎えております。

 

 

さて、ミャンマーのバガンで見事1人馬車をデビューした俺が向かったのがこのゲストハウス、

 

f:id:nao111150:20160721221030j:plain

 

 

<ピンサ ルパ ゲストハウス>

 

f:id:nao111150:20160721221208j:plain

 

 

この宿、バガンに訪れる、

日本人はよく利用するらしく、

 

日本語ペラペラのスタッフがおるみたいで、

200点の俺にはありがたい話です。

 

着くと早速日本語で話しかけられました。

 

スタッフ「日本人ですか?」

 

俺「はい、なおとです!よろしくお願いします」

 

スタッフ「藤井フミヤです!よろしく」

 

俺「は?いや、藤井フミヤではないですよ」

 

スタッフ「いや、本当だよ!」

 

 

f:id:nao111150:20160721221202j:plain

 

 

似てへんわ。

 

世の中、偽りの世界も多いとやはり痛感させられます。

 

俺「で?ほんまの名前は?」

 

フミヤ「プープーだよ」

 

俺「プープーか・・」

 

 

全然ちゃうやん!

 

 

しかも可愛いな、名前。

 

 

 

それは置いといて、

 

部屋は、ドミトリーがないからシングル800チャット(720円)

 

チェックインをすますと、昼まで爆睡。

目をさまし、洗濯を終わらす、

 

 

バガンといえばやっぱりバガン遺跡。

 

バガン遺跡とは、

カンボジアアンコール・ワットインドネシアのボロブドゥールとともに、

世界三大仏教遺跡の一つに数えられている遺跡。

 

バガン地区にある、大小様々な寺院や、パゴダがそれに当てはまるんですが、

その遺跡の数は3000以上あるらしいです。

 

 

3000はびっくり!

 

 

天気が良く、

早速、バガン遺跡に向け出発!

 

バガンでの移動は基本

e-バイクをレンタル。

 

e-バイクとは、

免許がなくても乗れる、

電動式バイクの事。

1日500チャット(450円)

 

f:id:nao111150:20160721221354j:plain

 

見た目、普通の原付。

 

バガンは普通のバイクに外国人が乗ったらあかんみたいです。

 

ちなみにチャリもレンタルできます。

 

f:id:nao111150:20160721221447j:plain

 

遺跡の密集地に向かいます。

 

バガンの遺跡地には、

オールドバガンと、

ニューバガンの二つの街があります、

 

歩いてならなかなかやばいんで、

e-バイクかチャリで行きましょう。

もしくは馬車。

 

 

アーティスト気分で、熱唱しながら走ってると、いたるところに遺跡だらけ。

 

f:id:nao111150:20160721221744j:plain

 

小さい遺跡から大きい遺跡まで。

 

f:id:nao111150:20160721221818j:plain

 

白いのもあります。

 

f:id:nao111150:20160721221800j:plain

 

バイク止める、遺跡見る、、バイク乗る。

 

バイク止める、遺跡見る、、バイク乗る。

 

バイク止める、遺跡見る、、バイク乗る。

 

こんな感じの三拍子。

 

なんかようわからん奴も出てきます。

 

f:id:nao111150:20160721221907j:plain

 

 

バガン遺跡をバイクで走るん、ばり気持ち良い。

 

 

めちゃくちゃ穏やかな場所。

 

 

観光客は多いけど、

遺跡はめっちゃあるから、

人がゴミゴミしてることなんか全然ない。

 

 

遺跡に入ると、大仏が居ます。

f:id:nao111150:20160721222325j:plain

 

また違う遺跡に入っても、大仏が居ます。

 

f:id:nao111150:20160721222321j:plain

 

そうこのバガンにあるすべての遺跡に、大仏はいるそうです。

なんて数や。

 

3000個以上。

 

 

1時間ほど遺跡を見て回ってたら、

ちょいちょい遺跡の上に登ってる人らを見かます、

 

f:id:nao111150:20160721223312j:plain

 

俺も登ろうと思い、大きめの遺跡前にバイクを止め、

遺跡に登ろうとすると

 

 

「へい!そこのイケメン!」

 

 

誰かに呼び止められました、

振り返ると、そこにいたのはターと名乗る、

1人のミャンマー人の青年、

 

彼は言います、

 

ター「何してるんだい?イケメン!」

 

俺「いや、これに登ろうかなと」

 

ター「ここよりいい場所があるよ、すぐそこに、案内するよ!」

 

 

そう言うと彼はついてこい的な空気でバイクにまたがります。

俺もすぐさまバイクにまたがりついていきます。

 

f:id:nao111150:20160721223423j:plain

 

 

どんどん奥へ進んでいきます。

すると、大きめの遺跡に到着、

 

f:id:nao111150:20160721223427j:plain

 

 

中に入り、小さい階段を登って上に上がる、

 

f:id:nao111150:20160721223526j:plain

 

階段は真っ暗、携帯の光で上がっていきます。

 

f:id:nao111150:20160721223627j:plain

 

 

上に着いたら、

そっからバガン遺跡を見渡します。

 

f:id:nao111150:20160721223738j:plain

 

 

気持ちいい!

ずっと見とけます。

 

何より風が気持ち良い。

 

 

ターに夕日を見る、遺跡スポットも教えてもらい、

お礼をし、一旦宿に戻る、

 

ありがとうございます!ターさん!

 

f:id:nao111150:20160721223711j:plain

 

 

時刻は15時、夕日の時刻まで3時間ちょい。

 

そう、バガンは、遺跡から見る朝日、夕日が、

めっちゃいいらしく、

特に夕日は感動もんらしいです。

 

 

そんなわけで、朝日を逃した俺は夕日でけでもしっかり拝まなければなりません。

 

 

次の日に、違う町に移動するため、

何としても、今日見るしかありません。

 

 

バイクを充電してもらい、18時まで休憩。

しっかりコンディション整えます。

 

外は晴れ。

 

後は宿で時間まで待つのみ、

 

 

 

18時、

 

 

ついに待ちに待った時が訪れます。

 

 

希望を胸に、外を眺めます。

 

 

 

 

 

大雨。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

悲しい!

 

 

 

いや本間、

 

 

 

悲しい!!!

 

 

 

その雨はその後もしっかり降り続けました。

 

 

俺はと言うと、

夕日がどうしても見たいので、

次の町への移動諦めて、

 

バガン延長します!!

 

 

 ミャンマーも残り2日、

俺は無事夕日を見れるんでしょうか。

 

 

ぜひ!皆さんも祈りの一票お願いします!!

晴れ運を俺に!!

⬇︎⬇︎ポチ⬇︎⬇︎

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

終わり!!