読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直跳の〜世界くるくるパーマ〜

24歳、天然パーマ、元気バリバリの直跳くんの世界一周ブログ

タージマハルの裏っ側、ブラックタージマハルとは!?

こんにちは!!

直跳です!

 

 

最近できた傷口が、弾丸の後みたいな形してて、友達にキモいと言われる毎日にも慣れてきました!!

そんな俺のリアルタイムはオーストリア!!

 

 

さて、厳重な荷物検査を経て、拝むことができたタージマハル(工事中)。

 

f:id:nao111150:20160822070332j:plain

 

 

そんなタージマハルは今日も、紫外線を気にする軍隊が、厳重な警備で目を光らせてます。

 

f:id:nao111150:20160822070130j:plain

 

軍人が日傘て。

女子か!

 

 

タージマハルは、中にも入れるみたいなので、中に向かって進みます。

間近で見るタージはなかなか凛々しい。

 

f:id:nao111150:20160824101133j:plain

 

 

もちろん、土足厳禁。

ですが、安心してください!

チケットを購入した時にもらった靴カバー、装着したら、文句は言われません。

 

 

ということで、装着!!

 

f:id:nao111150:20160822070319j:plain

 

ダサっ!!

 

 

 

シンさんも装着。

 

f:id:nao111150:20160824101053j:plain

 

ダサっ!!

 

 

 

もちろんアキミさんも装着。

 

f:id:nao111150:20160822070341j:plain

 

ダッッサっ!!!

 

 

 

ダサい3人で、タージマハルに入っていきます。

 

 

残念ながら、タージマハル内は写真撮影禁止。

ですが、ビビるくらい、何もなかったです。

 

 

あの時の期待感、返して欲しいわ!!

 

 

2分で中は見終わり、

俺らは裏へ。

 

 

そこで話は変わるんですが、タージマハルは、何の建物かご存知でしょうか??

はい、知りませんね。

 

タージマハル、名ばかりは有名ですが、実はこれが何の建物なのか知らない人が、ほとんどだと思います。

 

俺もそうでした、今、ネギくんといるのですが、彼に、

 

「タージマハルってどういう建物かわかる?」

 

と質問したところ、自信満々に、

 

「はい!教会ですよね!!」

 

と答えてきました。

いいえ、違います。

 

 

実はこれ、お墓。

 

 

ピラミットや前方後円墳な空気です。

 

 

そしてこのお墓誰のお墓かというと、

タージマハルが建てられた当時の王様!!!

 

 

の奥様。

 

 

 

奥様を溺愛しすぎてた王様が、奥様が亡くなった際に、彼女を忘れまいと、大量のお金と人間を使い建てたもが、タージマハル。

 

この建物の建設にかかった費用や人員のせいで、国民からは多く不満がでたのだとか。

しかもこの建物、オール大理石。

 

 

ナンテコッタ!!!

 

 

ですがそんな王様、奥様の墓だけでは終わりません。

 

なんと、自分が死んだ時のために、タージマハルの横の川を挟んだ反対側に、自分の墓を建てると言い出しました。

今度は黒の大理石で。

 

 

それが知る人ぞ知る、

ブラックタージマハル

 

 

さすがです、王様。

 

 

なんて誰も言いません。

これには国民大反対。

 

そのせいで、この王の望みは叶わず結局、ブラックタージマハルが完成する事はありませんでした。

 

 

ですが、そんなブラックタージマハルの建設に取り掛かりかけたのが、今でも、タージマハルの裏側から、川を挟んだ逆側に見えるということを聞き、裏側に回り込む俺らはウキウキです。

 

 

そして到着した裏側、聞いてた通り、大きな川があり、反対側に見えました!!

これぞ王が立てようとしたブラックタージマハル!!

叶わなかった王の夢。

 

 

ご覧ください!

 

f:id:nao111150:20160822070222j:plain

 

叶わなすぎやろ。

 

逆にようここまではやったな。

悲しなるわ。

 

 

ドンマイ!!

王様!!

 

 

そんなタージマハル、裏側から見る両サイドの建物も素敵。

 

f:id:nao111150:20160822070442j:plain

 

 

いい天気のおかげで、ビビるほど汗だくでタージマハルを後にしました。

 

 

その後、デリー行きの電車のチケットを購入。

 

ついに、インド最後の目的地、首都のデリーに向かいます。

 

 

よければブログ投票お願いします!!

⬇︎⬇︎ポチ⬇︎⬇︎

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

直跳のメールアドレス⬇︎⬇︎

nao111150@gmail.com

いつでも連絡ください!!

 

 

終わり!!